足が上がらない坐骨神経痛

50代 男性 内装工事業

お悩み

  1. 坐骨神経痛:数年前から右側のお尻(臀部)に痛みが出るようになった。かばって仕事をしていると左側のお尻(臀部)にも痛みが出るようになり、週一で鍼灸に通院。痛みが強くなり当院に来院

 

初回来院月 と 施術回数

【初回来院月】2023/05

【施術回数】5回

※症例ブログ作成時のものです

初回の状態

 

  • 右足 : 痺れ・痛みが強く歩く時もひきずる。太もも裏・ふくらはぎにもツッパリ感とダルさがある
  • 左足 : 痛みが出始めてから日に日に痛みが強くなってきている。
  • 鎮痛薬を服用し痛みを誤魔化している

施術経過

<初回>

【施術】
・左右の足のバランス調整
・股関節の調整

【施術後】
・痛みはあるが足の動きが軽くなる。
・右足の痺れ感が多少軽減

<二回目(1週間後)>

【前回以降の状態】
・痛み痺れ感はあるが足をに引きずるような歩き方はしなくなった
・鎮痛薬を服用しなくなった

【施術】
・骨盤の調整
・右股関節の調整

【施術後】
しっかりと地面を踏み締めている感じがあり、痺れ感もおさまっている。

<三回目(1週間後)>

【前回以降の状態】
・右足の痺れ感軽減し、痛みを感じない日もあった。
・右足より左足の痺れを感じるようになった

【施術】
・骨盤の調整

【施術後】
左足の軽い痛みと違和感があるが、右足は違和感もなくなった。

<四回目(1週間後)>

【前回以降】
・前回の施術以降、右足に痛み・痺れがでることはなくなった
・左足はダルさはあるが痛みは無くなった

【施術】
・股関節の調整

【施術後】
・どの動きでもツッパリ感・痛みがでなくなった。

<五回目(2週間後)>

【前回以降】
・前回の施術以降、痛みはなく違和感が出ても一度の睡眠で回復

【施術】
・自宅でのセルフケアを指導

 

本人の希望で違和感も根本から改善するよう月1回でメンテナンス

院長からのコメント

この症例は痛みをかばっていたため、右足より左足の方が悪化した状態になっていました。

施術計画に沿って通院してくれたので、早期に改善へ向かいました。

実際に痛みが出た原因は股関節の歪みですが、悪化した原因は産後の股関節の歪みに日常の負荷が蓄積して歪んだものでした。

  • 病院の検査では異常が無い。
  • 鎮痛薬を飲んでも治らない。
  • 整体に行っても改善しない。

そんな『しつこい坐骨神経痛』でお悩みの方は、ぜひ一度当院の施術を受けてみてください。

追伸

院長の写真

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

当院では、意識して患者様に説明していることが1つあります。
それは、「焦らない」ことです。

なぜなら、
多くの人がその場の効果に目がいってしまい

効果が無いと焦りが生まれ

次から次へと色々な方法を試し

その結果、当初より身体を壊してしまう。

実際にそんな患者様を数多く見てきました。

だからこそ当院では、その日の状態に合わせて施術の強さや時間を変更しています。

縁あって当院の門をたたいてくれた方には、
その様な思いをしてほしくはありません。

あなたが、つらい症状を改善したいと、本当に思っているのなら
ぜひ一度、当院の施術をお試しください。

ご来院をお待ちしています。

はじめての方限定 ホームページ特別割引

\1日1人限定!/

2回(初回+2回目)

6,600(税込)

ご予約時に「HP見た」とお声かけください

3回目以降 7,700円(税込)~

回数券キャンペーン情報は料金ページを参照ください
※お支払いは初回時に6,600円となります。

お問い合わせ

受付時間
住所 千葉市若葉区都賀2-10-7 クラルテ都賀1C
⇒詳しいアクセスを確認する
駐車場 2台(1・2番)
自律神経でお悩みなら
受付時間10:00~12:00/14:00~20:00 定休日 水・土曜日の午後/日曜日/祝日/第一水曜日